BLOG ブログ
BLOG

「生活費が高騰しているから副業を初めてみたい」

「自分の経験や知識を活かして、副業できないかな?」

そうお悩みの方へ向けて、本記事では沖縄での副業について深掘りしていきます。

沖縄にいながら県外の予算感でおこなえる副業についても紹介するので、これから副業を始めようと考えている人は参考にしてください。

副業OKの沖縄県内企業も!多様化する働き方

「価値を高める成長の機会」として、副業を解禁し始めている沖縄県内企業が徐々に増えてきており、沖縄県内企業でも段階的に副業をオープンにしていく流れにあると思われます。

琉球銀行では、年間20万円以下という条件ですが、行員のワークワイフバランスの充実や組織の活性化を図るため、2022年4月より副業を認めています。

講演活動や料理教室、観光ガイドなど、行員が銀行で培ったスキルを活かした副業を想定している様子です。

副業OKになり、行員は以下のことを感じている様子です。

  • 「経験を活かした講演活動ができればいいと思っている」
  • 「個人のスキルが広く深くなることで、銀行の仕事にも活かしたい」
  • 「自分の成長ができるようなチャレンジをしたい」

もちろん会社の信用をなくす内容や、本業との利益相反業務、本業に支障をきたしたり競合したりする内容は除外されます。

「副業」「複業」を解禁して多様化する働き方を推進していますが、副業OKか不明な場合は上司や人事担当者へ確認してください。

【参考元:OKITIVE|多様化する働き方~注目される副業・複業~

沖縄でおすすめの副業5選

沖縄ならではの副業について解説します。

先ほどでは琉球銀行を事例に副業解禁している企業のご紹介をしていますが、沖縄の一般企業では、副業の人材を活用する動きがまだ十分に進んでいない現状があります。

しかし、IT系やスタートアップなどのベンチャー企業では、副業人材や業務委託人材の利用が進んでいます。

また、ITやWEB系のスキルを持つ人材は、県内企業ではなく、県外の企業からフルリモートで仕事を受けることが可能です。

この場合、県外の企業からの単価は県内の企業より高い傾向があります。そうしたスキルを持つ人材には、①クラウドソーシング、②フリマアプリ・SNS運用、③ネット上でのスキル販売などを活用することがお勧めされます。

一方で、沖縄県外の仕事を請けると競争率が高くなる傾向があります。それに対して、沖縄県内企業との仕事では、物理的な距離が近いことから信頼関係を築きやすいメリットがあります。

沖縄県内企業から仕事を請ける際は、知人の紹介や地の利を活かした営業活動が重要となります。

①クラウドソーシング

インターネット上で仕事を受注し、報酬をもらう作業形態です。

パソコン1台があればおこなえるので、沖縄にいながら県外の企業から仕事をもらえ、県外と同じ費用感で仕事の受注ができます。

クラウドソーシング系の副業でおすすめの職種は、以下の4つです。

  • ライター
  • Webデザイン
  • 動画編集
  • ホームページ制作

これらの職種は経験や実績を積めば高単価になりやすいほか、本業にも活かせるスキルになります。

②フリマアプリ・SNS運用

自宅にいながらおこなえる副業として人気なのが、フリマアプリ販売やSNS運用です。

例えば、着なくなったかりゆしウェアや沖縄限定Tシャツを出品してプチ収入にすることが可能です。

また、沖縄県内にはInstagram運用で月に1,000万円を稼ぐ主婦の方もいらっしゃいます。

SNS運用は初めから大きな収入アップは見込めませんが、正しく運用してコツコツ続けると本業以上の収益を生む可能性があります。

③ネット上でスキル販売

インターネット上で自分の経験や知識・スキルを販売する方法です。

Udemyやストアカなどのオンラインサービスを利用すると、あなたが持っている知識やスキルのノウハウを販売できます。

料理が得意ならオンライン料理教室、メイクを本業にしているならメイクレッスン、営業職ならコミュニケーションスキルの販売などが該当します。

スキル販売なら好きな時間・場所で、自分のペースでおこなえます。

④フォトストック

撮った写真を専用サイトにアップすると、ダウンロード数に応じて報酬がもらえます。

フォトストックサイトでは、プロだけでなく世界中のアマチュアフォトグラファーが撮影した写真、映像が販売されています。

沖縄の美しい海や景色、南国の花などの写真はダウンロードされる可能性が高いです。

1ダウンロードあたりの報酬単価は3円前後。写真を投稿するだけの作業なので単価は低いですが、コツを掴んで枚数を増やしていけば収益も増えていくでしょう。

出かけ先で魅力的な写真を撮ると収益が発生するため、お小遣い稼ぎに最適です。

⑤アウトバウンドのコール営業

いわずもがなコールセンターは、電話を通じて商品やサービスの販売・提供を行う仕事です。

沖縄はもともとコールセンター産業が集積しており、比較的多くの機会があります。

これは、沖縄にコールセンター経験者が多く、また英語や他の外国語に堪能な人材が求められることが一因です。

航空会社やホテルの予約センター、テレマーケティング会社などのコールセンターの副業のチャンスを提供しています。

その中でも、アウトバウンドのコール営業は、コミュニケーション能力や説得力が求められるため、営業力のある人材に対して非常に需要があり、人間関係構築能力や営業スキルを活かすことができます。

クライアントからのトークスクリプトを自身で工夫して成功率を上げられる営業人材は非常に求められます。

また、柔軟な勤務時間や労働条件が提供されることもあります。

⑥居酒屋や飲食店のホール

観光業が盛んな沖縄では、飲食店やホテルのアルバイト求人を出している企業が多い傾向にあります。

国際通りや沖縄県北部地区、宮古島や石垣島の飲食店スタッフの求人件数は後を絶たないです。

スキマバイトアプリを利用すると、働きたい時間に好きなだけ働けます。

例えば、以下のような働き方が可能です。

  • 平日の19時から22時まで、国際通りの飲食店スタッフとして働く
  • 土曜日の朝9時から13時まで、ホテルのレストランスタッフとして働く
  • 日曜日の9時から17時まで、那覇空港近くのレンタカー会社で働く

未経験OKの職種も豊富に取り扱っています。

興味がある職種を選び、本業以外の経験と知識を深めてみるのもよいでしょう。

⑦農作業や収穫スタッフ

体を動かすことが得意なら、週末農業もよいです。

昔から、本業がありながら農業をおこなう「兼業農家」というスタイルは存在します。

実際、沖縄でのさとうきび農家のほとんどは兼業農家といわれています。

さとうきびの収穫時期は12月から4月下旬で、ほかの作物と比べて栽培の手間がかからないため、兼業で稼働する農家が多い傾向にあるのです。

加えて、沖縄県の農業に関する求人は以下があります。

  • さとうきび収穫
  • マンゴー栽培の手伝い、仕分け、梱包
  • 畑の草刈り、石拾い、肥料及び水やり
  • 葉たばこの収穫

沖縄は横のつながりが強いため「知り合いの農家さんを手伝ってほしい」と言われることもあるでしょう。

⑧ツアーガイド

沖縄の美しい自然や歴史的な名所を活かして、ツアーガイドとして活動することも魅力的です。

自分が好きな場所や特定のテーマに特化したツアーを企画し、観光客に案内することができます。

また、外国人観光客に対しては、英語や他の外国語での案内も可能です。

ツアーガイドとしての知識や経験を積むことで、自分のスキルや魅力を活かしながら収入を得ることができるでしょう。

スマホ副業被害に注意

「スマホ1台で簡単に稼げる」「簡単作業で1日10万円」などは、副業詐欺のサインです。旨い儲け話に乗らないよう、注意してください。

スマホ副業の被害は全国に及び、近年では沖縄県でも高額なサポート料を取られるトラブルが相次いでいます。

沖縄県消費生活センターによると、2022年の1年間で98件報告され、29歳以下が半数の49件を占めている現状です。

副業詐欺でありがちな事例は、主に以下が挙げられます。

  • 投資のレクチャー
  • 稼ぐ方法が簡単すぎる
  • 業者の詳細がわからない
  • 成功事例ばかりをアピール
  • 高額商品を買わせようとする
  • 先に高いお金を払わせようとする

さまざまな副業があるなか、本当に正しい情報か見極める力が必要です。

まとめ

副業を始めると収入が増えるほかに、本業以外の知識が身につき、自身のスキルアップにつながります。

全国的に見て所得が低い沖縄でも、副業で経験を積めば本業と同じくらいの収入を得ることは可能です。

本記事を参考に個人で稼ぐ力を身につけ、老後問題や物価高騰の不安へ立ち向かっていきましょう!

沖縄での転職なら

株式会社レキサンは沖縄のUIターンに特化した転職エージェントです。

これから沖縄で働こうと考えている人、すでに沖縄にお住まいの人の転職支援をおこなっております。

弊社が支援させていただいた方の23%は、年収500万円以上で転職に成功しています。

沖縄での転職でお困りなら、株式会社レキサンへご相談ください。

沖縄転職・移住や副業のご相談はこちらから

 

おすすめ関連記事:

失敗事例から学ぶ沖縄への転職活動

レキサン スタッフ
レキサン スタッフLEQUISON Staff
株式会社レキサンのスタッフが情報をお届けします。転職をお考えの方や企業にとって役に立つコラムや、会社のことや沖縄の情報を発信してまいります。

カテゴリー

コンサルタント

SNSをフォローする

Facebook Twitter